源氏藤袴会

ふたたび!藤袴香る平安京

源氏藤袴会

万葉の時代から京都に自生している和の花藤袴の保全育成の歴史・文化・伝統の伝承につながる。それらを京都市内に広め、この花の魅力を広く市民・他府県のたくさんの人に知ってもらい、近い将来、京都の花として秋の風物詩にしたい。そのモデルに御苑東側に位置し現在にわたって脈々と息づき同じく歴史・文化・伝統の伝承する御苑をはじめとして全国的に有名な多くの建物がある。古都の魅力を色濃く発信する町の佇まいを持ち、日本人の心のふるさととして世界各地からも多くの訪問者を魅了している。その地域住民で関係機関・団体と一緒に開催する藤袴展示会は新たな祭りとして京都市内を凝縮し、現在に平安時代を想起させる歴史・文化・伝統の息づく町づくりの賑わいを創出する。10月には革堂を中心に、寺町通り・丸太町通りに鉢を置いたり、地植えで藤袴がいっぱいになり香りが町を包みます。

藤袴

秋の七草の一つで、淡い赤紫色の小さな花が枝に先に集まるように咲きます。刈り取った茎や葉は半乾きの状態にすると爽やかで快い香りを放ちます。全草を乾燥させたものは、利尿、解熱効果があり蘭草(生薬名)として利用されています。かつては本州以西の河川や草原などで見られる植物でしたが、河川改修などにより生息適地を追われ個体数が減少しています。また、いにしえより「薫る草」として人々の間で親しまれており、『源氏物語』の中で、夕霧の玉鬘(たまかづら)に恋心を伝える場面で、御簾の中にそっと挿しいれる花として用いられています。
1998年に大原野で発見されたのが自生種と確認されました。また絶滅危惧種として指定されKBS京都の藤袴キャンペーンによって拡がりを見せている。また藤袴の葉状は昔から香料として用いられています。

アサギマダラ

アサギマダラは旅をするチョウです。
1980年ごろから始められたマーキングという調査方法によって春は南から北へ、秋は北から南へ、まるでツバメのように移動することがわかってきました。

革堂行願寺

約千年の歴史を誇る「革堂 行願寺」は平安時代中期にあたる寛弘元年(1004年)、行円により創建され、藤原氏や源氏、後鳥羽上皇など歴史を動かした人々と深く関わってきました。なかでも『源氏物語』を支援した藤原道長の息子・藤原顕信は行円のもとで剃髪出家し、「行願寺」に大きな足跡を残しています。
そこで「西国三十三所草創1300年記念事業」がスタートしたことを機に、源氏物語第30帖「藤袴」に登場する京都古来自生種の藤袴を境内で一般公開することに致しました。
境内では平安京を偲ぶ、様々なイベントも開催しています。境内への入場は無料です。この機会に、平安時代の原風景を満喫してください。ちなみに西国三十三所の19番所札所であると共に町堂として町内安全の祈りが連日行われています。革堂にて願い札(1枚 500円)24日に火焚を行う

主催

源氏藤袴会

後援

京都府・京都市・京都市都市緑化協会・KBS京都

共催

(振)寺町会・革堂行願寺・京都市上京児童館春日学童クラブ・春日・銅駝学区寺町周辺地域住民育成者

協力

京都市歴史資料館・同志社新島会館・日本基督教団洛陽協会・頼山陽旧跡保存会・下御霊神社・清荒神護浄院・環境省京都御苑管理事務所・冷泉家時雨亭文庫・天台圓浄宗大本山廬山寺・上京区役所・中京区役所・深草藤袴の会・大原自治会・なんやかんや大原野推進協議会・東山瓢箪プロジェクト・御所藤袴の会